Neabot Home Appは1階以上のマップを保存できませんが、1階と2階の両方を掃除したい場合は、下記方法で運用が可能です。


1.自動ゴミ収集ボックスは充電とゴミ収集が役割なので、ロボット掃除機単体を複数のフロアで清掃させることが可能です。

3.自動ゴミ収集ボックスが設置されていないフロアでクリーニングを実行した場合、戻り先がみつからないため、自動的に電源が切れた状態で清掃を終了します。

4. 1階と2階を清掃後、アプリの中の「スケジュール」→「歴史」を見ると、異なる階のマップが保存されているのが見えます。清掃履歴の画面右上の「使用する」を選択すると、履歴に残っているマップに切り替えることができます。

5. 毎回切り替えが必要ではありますが、異なるマップの運用が可能です。